群馬県 前橋市 学校法人清心学園 幼保連携型認定こども園 清心幼稚園

with コロナの保育
-保育環境を見直す-
幼稚園案内 子育て支援・サポート 地域・文化・交流
コンテンツ一覧
実際の感覚や体験の充実を

保育はリモートではありません。現場ならではのリアリティさが味わえるよう、見る、きく、味わうなど、そこにいるからこそ感じられる感覚や体験の充実を目指します。保育室内は子ども目線を意識しながらも、視線を遮る壁、暗さ、高さ、狭さなど目的と育ちに応じて構成し、落ち着いて遊べる空間を増やしています。

現在の生活様式

*文部科学省、厚生労働省からの通知等では感染症拡大防止の対策が継続されています

【 登園するにあたって 】

・保育は濃厚接触を伴います。ご承知ください。

・園では、保育中の子どもの体調管理、⼿洗い、よく⼿に触れる場所の消毒(取っ⼿や⼿すり、おもちゃ、机、 イスなど)、換気を継続しています。

・感染のリスクを抑えられるよう、ご家族で不要不急の外出を避ける、密にならないよう配慮する、体調管理や⼿洗いを遂⾏するなど、ご協⼒をお願いいたします。

・発熱及び体調が優れない時は登園をお控えいただき、ご家族で発熱や体調不良等が⾒られる場合も登園をご遠慮くださいますよう、あわせてお願いいたします。

【その他の確認事項 】

【前橋市】新型コロナウイルス感染症に関わる登園停止等と臨時休園の対応についてpdf.

・検体検査を受検した場合 ・登園停止等について ・臨時休園について ・濃厚接触者とは

園内の健康管理等について
●在園の子ども
家庭に「健康観察表」を配布し、朝の健康チェックをお願いしています。登園時に持参し保育者が確認します。健康観察表を忘れた場合は、その場で検温します。
・37度以上の発熱がある場合、風邪の症状が見られる場合は登園できません
・解熱後24時間以上経過しない場合は登園できません
・ご家族に風邪の症状があった場合は登園できません
*園内へのウィルスの持ち込みを防ぎたく考えております。
●保育者
新しい生活様式を取り入れるとともに、不要不急の外出を避けるよう、前橋市から要請を受けています。本園では、それぞれの保育者が自分の身を守りながら、日々の保育にあたれるよう臨んでいます。
行事の取り組み(2022)

コロナ禍の保育を維持していくことを第一に考えています。コロナによる影響をなるべく抑えて過ごせる環境を大事にするため、行事の開催について次の通りとしています。

【実施する行事(2021)】

・遠足/年長(地蔵岳、志賀高原) 年中(長七郎山) 年少(赤城自然園)

・交通安全教室/屋外で実施

・個別面談/保育参観

・清心ピック(屋外)

・クリスマスのお祝い→園内で子どもたちとお祝いのときをもちます

※園行事、季節行事、いずれも縮小しています。ご理解の程よろしくお願いいたします。

助け合い、新型コロナと向き合う

保育自粛期間中、アーティスト(中島佑太・村田峰起・牛嶋直子)と協働して、ドライブスルーワークショップを行いました(2020.5)。

ソーシャルディスタンスという新たな<距離>について考える機会になりました。たくさんのお家の方がお寄りくださり、人と出会えるありがたさを本当に感じました。このような状況でも考えることができる、やれることがある、という未来志向になりました。

どこからどこまでかがリスクかはわかりません。状況に応じて保育も変わっていくと思います。早く落ち着くことを祈っています。

 

子どもたち