群馬県 前橋市 学校法人清心学園 幼保連携型認定こども園 清心幼稚園

保育の方針
幼稚園案内 子育て支援・サポート 地域・文化・交流
コンテンツ一覧
こんな<子ども>を育みたい
  • 心身ともに健康な子ども
  • 自然を愛せる子ども
  • 優しく感情豊かな子ども
  • 友だち・仲間関係を大切にできる子ども
  • 好奇心旺盛な子ども
  • やりたいことを自ら選び出し、取り組むことができる子ども
  • 困難な状況においてもその逆境に立ち向かうことができる子ども
  • 自分の思いを様々な表現方法を用いて表すことができる子ども
  • 多くの情報や物事を自分の判断で取捨選択できる素地をもった子ども
  • 柔軟な考え方のできる子ども
  • グローバルな意見を聞き分ける素地のある子ども
いっぱいあそぼう!

「どうしようかな?」「〇〇したいな!」1日の始まりはそこから。

「遊び」はとても大切。「遊び」は、遊ばされるような「お遊び」ではありません。遊びたいから遊ぶのであって、それ自体が目的です。実に遊んでいる子どもは、時間が経つのも忘れるくらい没頭しています。「遊び」の動機が子どもの主体的な気持ちや興味関心が活動を支えますし、それが続いていくことで遊びにこだわりも出てきます。もし、すでに始まっている遊びに入りたいならば、入れてもらう交渉も必要です。多様なやりとりや関わりの中で、自分の感情を調整したり情動と行動との折り合いをつけたりする経験も大切にしたいものです。

<主体性>が育ちます

清心幼稚園は「子どもが主体的に活動する保育」です。子どもが主体性を発揮し、私たち保育者も主体性(願いや思い)をもちながら、お互いが人として対等で、多様な対話を展開しあう保育を目指しています。

保育者が主導して、一斉に同じことをするよう求める保育、カードに瞬時に反応させるような刺激と反応を繰り返す教育方法、高い跳び箱を跳ぶ△△式のような訓練には共感していません。

遊びの中で、多様な環境と関わり合いながら営まれる<経験のプロセスの質>の保障が大切です。

<対話する力>が育ちます

園生活では、多様な素材や道具、様々な専門家(現代芸術家、ダンサー、建築家、サッカーコーチ、演奏者、ネイティブイングリッシュ、職人、専門店の人など)とかかわり、体験の世界を広げます。実際に関わりながら、試行錯誤したり、工夫したり、新しい考えを生み出したりしていくのです。そのため、私たち保育者は、子どもの発想や柔軟さによって、新たな遊びが引き出されるよう、一人ひとりの子どもの育ちを丁寧に拾いながら、環境を準備しています。

<みえる力>と<みえない力>が育ちます

誰かの<遊びを見る>とき、その子なりに、じっくりと見て、捉えて、考える、という姿が見られます。実際の動きや大きさ、空間などを認知し、そこに言葉や音、匂いなどの情報が加わって、あれこれ思いめぐらせるのです。深く考えたり、想像したりするためには、情報を多様に受信し、精査する力が必要です。そのために、いろいろなモノや人と出会い、そこで起こる出来事を楽しみながら、みえる力と、みえない力(社会情動的スキル)の両方が育っていくことを期待しています。

子どもたち