群馬県 前橋市 学校法人清心学園 幼保連携型認定こども園 清心幼稚園

園生活のこと
幼稚園案内 子育て支援・サポート 地域・文化・交流
コンテンツ一覧
遊びと生活
―ここは学びの世界への入口だ! ―

世界の幼児教育に目を向けると、子どもの主体性や子どもの権利を尊重する保育が目指されています。日本でも同じように考えられるようになっています。清心幼稚園では、子どもが「遊び」の中で楽しさや面白さを感じ、さらに創造的な発想や活動を生み出す環境を大切にしてます。子どもが主体的にいろいろなモノや人と関わって対話する態度は、小学校以降に必要な「学び」にもつながっていきます。

 

子どもの動機でいっぱいに

子どもの「〇〇したい」という声や気持ち。そこに活動の芽があります。「~したい」という動機を保育者が拾い、相談にのっていくと、そこにアクティブな活動が生まれます。その一方、「〇〇してはダメ」というルールやきまりが多すぎると、子どもたちや私たちの思考は止まり好奇心も失ってしまいます。そこで私たちは、毎年同じ保育計画を実施するのではなく、子どもたちともに体験しながら、思いや動機をもとに保育を計画し、見通しをもっています。保育者から提案したり、計画どおりにならないことも想定に入れたりしつつ、ライブ感ある保育に取り組んでいます。

 

*野菜をつくるための種を探しに種苗やさんへ(右写真)

 

 

保育と時間 (平日朝7:30~夜18:30)※延長19:00まで

1号子どもの過ごした方の例スクリーンショット 2016-04-01 22.24.45

※2号子ども、3号子どもは、保育認定を受けた範囲の保育時間になります。

(土曜日保育もあります。予めお知らせいただいています)

■標準時間認定

7:30~18:30の最大11時間保育が受けられます。

■短時間認定

8:00~16:00の最大8時間保育が受けられます。

 

 

1年間を通して
―子どもたちの生活や育ちを大事にしています―

季節を感じよう!伝統的な文化や行事も体験できるといいですね。

スクリーンショット 2016-04-01 22.29.11

※お誕生会(お誕生月のお子さまの保護者も参加できます)が毎月あります

※保育参観(園の指定する期間の中から希望の日を選んでいただきます)や、保育開放日(お子さまと一緒に遊ぶ日)などの活動もあります

※個人面談などもあります

※遠足の行先は年度によって変わります

かみさまと

清心幼稚園は、1895(明治28)年に宣教師たちを中心にしてできたキリスト教保育の幼稚園です。私たちは、一人ひとりがかみさまに守られていることに感謝しています。

みんなのことを考えたり、平和を願ったり、また、やさしい心を持つことができるよう日々祈っています。自然との出会いを通して、命の尊さやかみさまの恵みを知ることが、園生活に溶け込んでいます。前橋教会の牧師先生が見えてお話しを聞いたり、讃美歌を歌ったりする機会もあります。

おいしく、たべたい!

現在、給食が週4回、お弁当持参が週1回です。

給食もお弁当持参もどちらも良さがあると考えています。

とくにお弁当持参ですと、園外に遊びに行った先で

食べることも可能になり、保育の幅も広がります。

■3歳未満児:自園調理(週4回)

■3歳以上児:自園調理(週1回)、外部搬入(週3回)

外部搬入は「味噌漬けのたむらや」さんに作ってもらっています。

 

【1食あたりの金額】

■3号子ども:無料

■2号子ども:80円(主食代として)

■1号子ども:370円

栄養のバランスも整ったおいしいお昼ごはんです。

服装「今日は何を着ようか?」
―「選択する」という大事な生活 ―

【毎日のこと】

動きやすいこと、汚れてもいいこと、お子さまの年齢に合わせて脱ぎ着しやすいものであれば、どんな服装も大丈夫です。

 

【園オリジナルの服装】 *いずれも購入は任意です

■体操着

・4歳児(年中)からは、遠足や夏期保育などで使用する体操着をご用意ください。似たものの代用も可能です。

・園の体操着は、長袖、長ズボン、Tシャツ、ショートパンツの4点です。

■清心Tシャツ

・サイズが子ども用(90cm)から大人用(XL)まであります。

・赤・オレンジ・紺・ピンク・ライムグリーンなど約10色から選べます。

・左袖に清心のマークが入っています。

■清心ユニフォーム(SEISHIN☓patagonia)

・パタゴニア製品を採用しています。

・Tシャツは左袖に清心のマークが入り、フリースなどは左胸に清心のワッペンが付いています。

 

<パタゴニアと清心幼稚園について>

オーガニックコットンやリサイクルポリエステルの使用するなど、地球環境を取戻し、大事しようと取り組まれているアウトドアブランドのパタゴニアさんの理念と、清心幼稚園がこれまで取り組んできた子どもや自然への思いが共有し、2015年度より園のスタッフユニフォームとして着用してきました。そして、2017年度からは、在園児のユニフォームとしてもパタゴニア製品の利用が始まりました。

この地域の環境を生かす

子どもの「遊び」は実にさまざまで、ユニークです。アトリエで何かを作ったり、見たてて遊んだり、アスレチックで追いかけっこをしたり、ダイナミックにも広がります。

さらに、清心幼稚園は、前橋公園や中心商店街、アーツ前橋などへ歩いていける場所にあるので、よく出かけて行きます。公園でピクニックしたり、食材を探したりアートを見に行ったりと、周辺の地域も生活の大事な環境になっています。

 

アレルギーの対応について

【アレルギーの対応について】

・入園、入所前にご相談ください

・個別対応をしています

・かかりつけ医と園医の判断を仰ぎます

・アレルギー担当保育者、栄養士が管理します

・万が一の際はエピペン®の使用や119番対応等を想定し取り決めます

 

【食事の対応について】

・除去食、代替食、持参など個別の状況によって対応しています

 

【対応までの主な流れ(4月入園・入所の例)】※毎年申請が必要になります

①保護者の方から園に申し出

②医師の指示書・調査票に記入し園に提出(3月)

③園内の協議と調整(3月下旬)

④保護者の方と園で対応について面談(担当保育者や栄養士など)

⑤対応の決定および実施

 

 

 

 

 

子どもたち