群馬県 前橋市 学校法人清心学園 幼保連携型認定こども園 清心幼稚園

アートと関わる中で
(清心の保育実践から)
幼稚園案内 子育て支援・サポート 地域・文化・交流
コンテンツ一覧
多様な可能性を持つということ

アートの前では大人も子どもも関係ありません。作品を見たり、何かを作ったり、感じたり、いろいろ考えたりすること、その多様さに可能性が広がります。清心幼稚園の近隣にはアーツ前橋を始め、ya-ginsなどのアートスペースがあり、子どもたちと歩いて出かけていくことができます。

そうした様々なアーティストや作品、ワークショップなどの体験を通して、園の保育環境や保育実践が問われることもあります。子どもから表れてくる、表される表現は、実に多様です。絵を描く、作品を作るなど形にして残すのは表現の一部でしかありません。保育、子ども、アート、アーティスト、社会等が絡みながらこれからの幼児教育の可能性を開いていけたら思います。

アートと出会うということ

佐伯胖氏は、アートと出会うというのはどういうことか、次のように書いています。

「(略)よくある例は、アーティストはアートを見せる、それを鑑賞する人たちは観客のように眺める、鑑賞する。つまりアーティストとそれを見る側というように、ふたつに分けてしまうのが多いんですね。そうじゃなくて、アートという世界の中に自分も入り込むことによって、物事の勉強的でない知り方を知るという身体技法を経験してみることがアートとの出会いなんだということです。さまざまな世界の中に自分がどんどん入って行く、あるいは世界が自分の中に入って来るとも言えるわけですね」

************************

佐伯胖「アートとの出会い ~『学校化された知』からの解放」一般社団法人AISプランニングHPコラムより(2011年3月25日掲載)取得日2018年7月1日

多様な関わりの中で思考するということ

幼児や乳幼児がアートと出会うとき、わかる、わからないと頭の中で考えるのではなく、感覚として受容しているように見えます。そうした状況をおもしろがって広がる様子は「遊び」と似ています。柔軟な発想や相手とのやりとりには多様なスキルが必要です。そうした遊びを通して想像力などの非認知スキル(社会情動的スキル)や、脳の中で形成される実行機能などを鍛えることにもつながります。

園では4歳から5歳ごろにかけて絵的な描写から、文字に変わっていく姿がときどき見られます。文字への憧れを抱くことはよいと思いますが、文字を書く練習をするような早期教育にハマると、遊び下手になり、型を求めがちになる傾向があります。遊びややりとりにも正解という基準を求めるようになるからかもしれません。

アートの特性でもある、正解がない多様さは、今の混沌とした多文化社会を寛容する育ちへの助けになるように思います。物事を対話的、包括的に捉えたり、自分や相手の考えを尊重したりして、これからの難しい社会の課題を読み解く方法を見つけたり、考えたりするきっかけを掴んだりする思考を鍛えたいものです。

子どもたち