群馬県 前橋市 学校法人清心学園 幼保連携型認定こども園 清心幼稚園

アートと関わる
(清心の保育実践から)
幼稚園案内 子育て支援・サポート 地域・文化・交流
コンテンツ一覧
関わりをきっかけに

アートの前では大人も子どもも関係ありません。アートには正解や不正解がないからです。作品を見たり、何かを作ったり、感じたり、いろいろ考えたりすること、その多様さに可能性が広がります。清心幼稚園の近隣にはアーツ前橋を始め、ya-ginsなどのアートスペースがあり、子どもたちと出かけていくことができる環境にあります。こうした様々なアーティストや作品、ワークショップなどを通して、園の保育環境や保育実践が問われることもあります。例えば、絵を描く、作品を作る、など、形のあるものを残すのはアートの一部分ですが、この思考から開放されるだけでも、園生活は変わってきます。保育、子ども、アート、アーティスト、地域が絡みながらこれからの幼児教育や社会を考えていくことが肝要と思います。

アートと出会うということ

佐伯胖氏は、アートと出会うというのはどういうことか、次のように書いています。

「(略)よくある例は、アーティストはアートを見せる、それを鑑賞する人たちは観客のように眺める、鑑賞する。つまりアーティストとそれを見る側というように、ふたつに分けてしまうのが多いんですね。そうじゃなくて、アートという世界の中に自分も入り込むことによって、物事の勉強的でない知り方を知るという身体技法を経験してみることがアートとの出会いなんだということです。さまざまな世界の中に自分がどんどん入って行く、あるいは世界が自分の中に入って来るとも言えるわけですね」

 

佐伯胖「アートとの出会い ~『学校化された知』からの解放」一般社団法人AISプランニングHPコラムより(http://artists-children.net/column/2011/03/1-2.html)(2011年3月25日掲載)取得日2018年7月1日

 

************************

 

幼児や乳幼児がアートと出会う時、躊躇なくスーッと入っていくように思います。乳幼児期から児童期にかけて、それぞれの興味や関心に応じてこだわり生まれたり、脳の中で多くの機能が形成されたりしていくようですが、この時期にどのようなことを受け入れていくのか、その後の考え方や物事の見方に違いが生まれるように思います。

例えば、幼児の描く手紙が、絵的な描写から、文字に変わっていく時期があります。文字を受容することが悪いことではないのですが、受容の仕方によっては、失う何かがあるように思います。子どもにとっては園生活の遊びと塾の勉強のように、二重生活になっている可能性もあります。想像力の把握から勉強の知り方になることで、園生活における遊びが面白くなくなっていく状況はよくあります。幼児期の生活をどんな環境に置いておくか、よくよく考えたいものです。

アーティストと清心の出会い
子どもたち