群馬県 前橋市 学校法人清心学園 幼保連携型認定こども園 清心幼稚園

保育方針・理念
幼稚園案内 子育て支援・サポート 地域・文化・交流
コンテンツ一覧
子どもたちとともに

清心幼稚園では、子どもが自らやりたいことを見つけたり、選んで遊んだり、友だちや異年齢の子たちとかかわったり、幼稚園周辺の施設や商店街を活用して過ごしたり…子どもの生活にとって身近な環境を大切にしています。幼児期ならではのこれらの体験が、子どもの将来にわたる学びになっていくことをふまえ、この時期ならではの体験を豊かに重ねていきます。

その子どもの内側を考えていく

保育は「質」が問われる時代です。子どもの育ちをどう見るのか、その活動や姿をどうとらえていくのか、そのプロセスや評価、判断は難しいですが、「保育の質」を保障する視点がとても大切です。私たちは、子どもたちの遊ぶ姿をよく見て、そこでどのようなことが起こっているのか丁寧に記録したり、解釈していきながら、心の内側を探っていけたらと思っています。それが、子どもの育ちを支える保育者の姿であって、清心幼稚園の雰囲気を支えています。

こんな子どもを育みたい
  • 心身ともに健康な子ども
  • 自然を愛せる子ども
  • 優しく感情豊かな子ども
  • 友だち・仲間関係を大切にできる子ども
  • 好奇心旺盛な子ども
  • やりたいことを自ら選び出し、取り組むことができる子ども
  • 困難な状況においてもその逆境に立ち向かうことができる子ども
  • 自分の思いを様々な表現方法を用いて表すことができる子ども
  • 多くの情報や物事を自分の判断で取捨選択できる素地をもった子ども
  • 柔軟な考え方のできる子ども
  • グローバルな意見を聞き分ける素地のある子ども
いっぱいあそぶ!
~何して遊ぼうかな?だれと遊ぼうかな?~

「なにして遊ぶ?」1日の始まりはそこから。

「遊び」はとても大事と言われます。その「遊び」とは、本当に「遊び」であって、遊ばされるようなものではありません。実に遊んでいる子どもは、周りが見えなくなるくらい夢中です。「遊び」の動機が子どもの主体的な気持ちや興味関心が活動を支えますし、それが続いていくことで遊びに深まりも出てきます。

たとえば「泥だんご作り」ひとつとってもその作り方はそれぞれです。掌の中で大事に大事にされてだんごになっていく過程は、まるで小宇宙を練るかのよう。園庭のどこにでもある砂や土が意味をもちはじめ、大事な遊びの素材になっていきます。材料を吟味したり、同じことをする仲間ができてきたり、ツルツルにしてみたり、壊してみたり、文化的な行為があちこちに生まれます。

関わりあう!
~関わりの中で感じること 学ぶこと あらわすこと~

子どもの豊かな発想は、私たちの想像をはるかに超えています。子どもならではの柔軟さは、新たな遊びが次々と生まれます。そんな子どもが集って遊ぶ「創造」の泉からは、ユニークな考えが湧き出し…能動的な遊びや情動的な経験が、将来の活動の基盤を形成していきます。学校生活後に待つ未来の世界で自己発揮する子どもは、このような環境から育っていきます。

表現する!
~対話する世界(人・モノ・自分)を広げよう ~

笑ったり、泣いたり、感じたりすることは「表現」の一つです。何かを作ったり、みなで歌ったり踊ったりすることも表現です。そこに生きていることも表現かもしれませんね。
そこで、私たちは、多様な素材や道具、いろいろな人たち(現代芸術家、ダンサー、スポーツコーチ、奏者、ネイティブイングリッシュなど)と遊び、子どもの対話する世界(人・モノ・自分)を広げたいと思っています。それは新たな表現の入口であり、学びの世界に通じていきます。

年齢に関係なくかかわる姿が

最近は少子化もあって、異年齢で過ごす機会が減ってきました。でも、ここでは学年を超えた活動が普段から起きています。偶然小さい子がお兄さん、お姉さんのクラスに入っていって、活動に参加したり、マネをしたり、大きい子が気にかけていたり、お互いにいい関係になっています。とてもほのぼのとしていて、大きなお家のもとに集う家族のようです。

保育のスタイル

清心幼稚園は「自由保育」でも「一斉保育」でもありません。なかでも一斉に同じ活動をさせることや、カードに瞬時に反応していく〇〇式、高い跳び箱を跳ぶような△△式など、子どもが遊びを通して活動していると捉えられない教育に共感していません(園生活における遊びの態度にも影響します)。乳幼児期から始まるここでの生活は、豊かな「遊び」の体験を重ねていくことを大切に考え、子ども一人ひとりの主体性と保育者の主体性(願いや思い)とが対話し、遊びの中で子どもが主体的に物事と関わりながら多様に展開する保育です。

「子どもの視点に立ち、子どもの立場で考える」

「子どもの視点に立ち、子どもの立場で考える」ことをモットーに、子どもの持ち味や権利を尊重したいと考えています。そのためにも保育実践を開きながら、様々な保育者や研究者と交流し、対話していくことで、多様な眼で子どもたちと過ごしていきたいと思います。

子どもたち